文字サイズ標準拡大

イベント詳細

  • 概要
  • プロフィール
主催事業

水戸芸術館 30周年記念事業
最貧前線『宮崎駿の雑想ノートより』

2019年夏、最貧前線(『宮崎駿の雑想ノート』より) を舞台作品として上演します。
宮崎駿オリジナル作品が国内で舞台化されることは、これが初めてのことです。
この作品のために、11名の俳優が集います。
この機会をお見逃し無く。
水戸芸術館 30周年記念事業最貧前線『宮崎駿の雑想ノートより』

⒞Studio Ghibli

チケット購入

日    時
2019年1026日(土) 18時00分 開場/18時30分 開演
2019年1027日(日) 12時30分 開場/13時00分 開演
出演 内 野 聖 陽
風 間 俊 介
溝 端 淳 平

佐 藤  誓
加 藤  啓
蕨 野 友 也
福 山 康 平
浦 上 晟 周
塩 谷  亮
前 田 旺志郎

ベ ン ガ ル
『最貧前線』のストーリー 太平洋戦争末期、小さな漁船・吉祥丸に徴用の知らせが届く。
ほとんどの軍艦を沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動静をなんとか探ろうと、
漁船を海に駆り出して、海上で見張りをさせようとした。
特設監視艇となった吉祥丸に乗り込んだのは、元々の漁船の船長(内野聖陽)と漁師たち、
そして艇長(風間俊介)とその副官(溝端淳平)などの将兵たち。
航海経験に乏しい軍人たちは、鯨を敵潜水艦と間違えたり、嵐の予兆を察知できなかったり、
海の職人である漁師たちとことあるごとに対立してしまう。
やがて軍人たちは、漁師たちの知識や行動力に一目置くようになり、徐々にお互いに
信頼感を芽生えさせていく。
しかし、戦況は厳しく吉祥丸は海の最前線ともいうべき南方の海域に、わずかな武器を携えて
急きょ派遣されることになってしまう。

果たして、吉祥丸は帰って来られるのだろうか・・。
『最貧前線』とは 宮崎氏が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に1980~90年代に不定期に連載した
『宮崎駿の雑想ノート』。
同作は、戦争の時代に兵器と人間が織りなしたドラマを描いた、連作絵物語&漫画です。
そこからは、長編アニメとなった『紅の豚』が生まれましたが、
この『最貧前線』はその中の11番目の物語です。
会    場 メインホール
料    金 8,000円(全席指定・税込)
※未就学児の入場はご遠慮下さい。

先行発売及び一般発売ともに、1回のお申込みにつき1公演のみ4枚までとなります。

チケット発売 2019年6月9日(日) 
先行発売:2019年6月9日(日)10時~6月12日(水)18時
※先行発売はインターネットのみお取り扱いです。電話予約はございません。
※先行発売は会員登録せずお申込み頂けます。予約完了後は期日までにお支払をいただき、引換票をお持ちのうえ6月15日(土)10時以降セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお引き取りください。
一般発売:2019年6月15日(土)10時~
企画・制作 水戸芸術館ACM劇場
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806
  • 原作:宮崎 駿(みやざき・はやお)

    学習院大学卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。
    日本アニメーションなどを経て、1985年にスタジオジブリ設立に参加。
    作品に『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』など。
    著作に『シュナの旅』『出発点』『折り返し点』『半藤一利と宮崎駿の腰抜け愛国談義』『宮崎駿の雑想ノート』『トトロが生まれたところ』などがある。

  • 脚本:井上 桂(いのうえ・かつら)

    2017年4月、水戸芸術館ACM劇場芸術監督に就任。1996年、新国立劇場開場時から演劇部門のプロデューサーとして活動。日本芸術文化振興会プログラム・オフィーサーなどを経て現在に至る。台本化にあたっては、原作のエピソードを踏まえ、様々な文献から当時のエピソードを掘り起し、新たな物語展開や登場人物の性格付けを行った。

  • 演出:一色隆司(いっしき・たかし)

    NHKエンタープライズ制作本部ドラマ番組エグゼブティブ・ディレクター。時代劇『茂七の事件簿』『アフリカの蹄』『坂の上の雲・留学生』『そこをなんとか1・2』『紙の月』『精霊の守り人』シリーズ第三部、NHK正月時代劇『家康、江戸を建てる』など監督。2016年に『令嬢と召使』で舞台初演出。18年5月には『人形の家』を演出し話題となった。

  • 出演:内野聖陽(うちの・せいよう)

    1993年『女たちの十二夜』で初舞台。96年、NHK連続テレビ小説『ふたりっ子』で注目を集め、大河ドラマ『風林火山』に主演するなど映像・舞台で幅広く活躍。日本アカデミー賞優秀新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞最優秀男優賞など受賞多数。近年の出演作に、ドラマ『ブラックペアン』『琥珀の夢』、映画『家路』『海難1890』、舞台『おのれナポレオン』『ビッグ・フェラー』『東海道四谷怪談』『乳房』『ハムレット』などがある。

  • 出演:風間俊介(かざま・しゅんすけ)

    1997年ジャニーズ事務所に入所。99年『3年B組金八先生』で日刊スポーツドラマ グランプリ最優秀新人賞を受賞。ドラマ・映画・バラエティや舞台で幅広く活躍。『ZIP!』ではメインパーソナリティーも務めている。近年の出演作に、ドラマ『それでも、生きてゆく』『純と愛』『陸王』『サバイバル・ウェディング』『記憶捜査』『やすらぎの刻〜道〜』、映画『コクリコ坂から』『鈴木先生』『猫なんかよんでもこない。』『後妻業の女』、舞台『蒲田行進曲』『ベター・ハーフ』など。