文字サイズ標準拡大

イベント詳細

  • 概要

LIBRARY CINEMA
第62回 大和市立図書館人権映画上映会
「知りたいあなたこと」「ふるさとをください」

日本では毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を、「人権週間」と定めています。これは1948年に国際連合が世界人権宣言を採択したことを記念したものであり、同時に「思いやりの心」「かえがえのない命」について改めて深く考えるための週間です。

*2本立て
「知りたいあなたのこと」
邦画/21分

「ふるさとをください」
企画統括:藤井克徳
監督:冨永憲治
脚本:ジェームス三木
音楽:小六禮次郎
出演:大路恵美、ベンガル、烏丸せつこ、藤田弓子、中山仁、石井めぐみ
邦画/110分


※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、当日は感染対策(マスク着用、
手指消毒、検温、チェックリストの記入等)にご協力をお願いいたします。
また、やむを得ず中止となる場合がございますので、ご了承ください。
LIBRARY CINEMA第62回 大和市立図書館人権映画上映会「知りたいあなたこと」「ふるさとをください」
チラシ ダウンロード[PDF]
日    時 2020年12月6日(日)
13時00分開場 / 13時15分開演
内    容 「知りたいあなたのこと」
外見からはわからない障害や病気を抱えながら日常生活を送っている人は多くいます。一見すると健康そうに見えるので、障害や病気が周囲に理解されず、辛い思いをすることもあるといいます。
この作品では、2人の難病患者さんと、てんかんと発達障害を持つ大学生を取材しました。どんな場面で困っているのか、どんな配慮が求められているのか。外見からはわからない障害や病気を抱える人の話を通じて、私たちにできる配慮を共に考えてゆく内容です。

「ふるさとをください」
片倉千草は帰郷して県庁に就職。父親の雄二郎は店を営むと共に地域のリーダーで、障がい者がクリーニング屋とパン屋を始めるという情報に、町内会で反対運動を進める。千草は共同作業所職員の内藤と知り合い共感するが、、、。一生懸命な千草と、反対する雄二郎の衝突は増えるばかり。
その頃、共同作業所で働くメンバーに一組のカップルが生まれ結婚を目指す動きが、、、。
彼らを支えようとする千草や内藤の努力が実り、街の人々の雰囲気が変わり始めるのだが、、、。
会    場 6階生涯学習センター 601講習室
料    金 無料
お 申 込 み 不要。先着20名。直接会場にお越し下さい(受付:開場13:00~)
※感染拡大防止対策として、参加者同士の適切な間隔を保つため人数を制限しています。
お問い合わせ 大和市立図書館電話.046-263-0211
注 意 事 項 「新型コロナウィルス感染防止のためのお願い」

以下の症状がある方は参加をご遠慮ください

・体温が37.5度以上または平熱より1度以上高い方
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさや軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方
・同居者・身近な知り合いに感染の疑いがある方
・過去2週間以内に感染が拡大している国・地域に訪問歴がある方
・その他新型コロナウイルスの症状がみられる方

ご来館・ご参加時の注意

・くしゃみ・咳をする時は咳エチケットを徹底し、会場内ではマスク着用のご協力をお願いします。
・受付時に体温の測定をします。37.5度以上の方はご参加頂けない場合がございます。
・流水と石けんでの手洗いや手指の消毒にご協力をお願いします。館内にある消毒液もお使いください。
・ご自身の体調を考慮し、無理のない範囲での参加をお願いします。
・感染症対策のため、座席は間隔を空けてお座りいただきます。