検索条件:
指定なし
図書館
カテゴリ:学び、こども

平成30年度読み聞かせボランティア養成講座 ブラッシュアップ編 公開講座「そうだったのか!紙芝居」(2018.12.1)

{$report->photo(1)->alt}

【目的】
大和市では、子どもの読書活動を推進しており、子どもの読書活動を支える人材の育成のため、ボランティア養成講座を実施することは、欠かせない取り組みの一つとなっている。
この講座では、地域や学校などで実際に読み聞かせを行っているボランティアの方を対象として、読み聞かせのスキルの向上を目的に実施するとともに、読書に関心のある方も広く募集し、家庭における読書活動の推進を目指すことを目的として実施した。


{$report->photo(2)->alt}

【取り組み内容】
紙芝居は、おはなし会のプログラムによく取り入れられています。
今回は、紙芝居を多く出版している株式会社童心社編集部所属の橋口英二郎氏を講師に迎えて、「そうだったのか!紙芝居」と題して講演会を実施しました。
講演では、紙芝居の歴史や、絵本と紙芝居の基本的な違いの説明をしていただいた後に、
参加型やお話タイプなどいろいろな紙芝居の実演を交えながら、演じ方のポイントなどの解説を行っていただきました。
また、紙芝居舞台の使い方や場面の抜き差しのコツなど、紙芝居を演じる時の技術についても教えていただきました。


{$report->photo(3)->alt}

【成果】
参加された方の9割以上がボランティア経験のある方だったので、皆様熱心に受講されているご様子でした。
講演会後のアンケートでは、「紙芝居への理解を深めることができて、とても良い学びになりました」「紙芝居の奥深さを知り、ますます好きになりました」「今後の活動に大変参考になりました」などのお声をいただきました。
また、「たくさんの紙芝居を読んでもらい、とても素敵な時間でした」といったような感想もいただき、ご参加の皆様には紙芝居を通して、ゆったりとした心地よい時間を過ごしていただけたようでした。
大和市立図書館では、今後も子どもの読書活動推進のための事業を、積極的に行っていく予定です。

シリウス オフィシャルサイト

Copyright ©YAMATO MIRAI. All rights reserved.