イベント詳細

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ
主催事業

《やまと名手の響シリーズ》
石坂団十郎(チェロ)×小菅優(ピアノ) デュオ・リサイタル

磨きぬかれた確かな技巧が世界で絶賛されるチェリスト・石坂 団十郎、深い楽曲理解で美しく繊細な音色を奏でるピアニスト・小菅 優。
室内楽グループ「新ダヴィッド同盟」のメンバーとしても活動を共にしてきた2名の公演が大和で実現!
取り上げるのは、チェロ作品の中で現在も高く評価されるベートーヴェンのチェロ・ソナタと変奏曲。
深い感性を持つ2名のアーティストが奏でる極上の響きにご期待ください!
《やまと名手の響シリーズ》石坂団十郎(チェロ)×小菅優(ピアノ) デュオ・リサイタル
チラシ ダウンロード[PDF]
日    時 2018年616日(土)
13時30分 開場/14時00分 開演
出    演 石坂団十郎(チェロ) Danjuro ISHIZAKA(Vc)
小菅優(ピアノ) Yu KOSUGE(Pf)
曲    目 ~オール・ベートーヴェン・プログラム~
・ヘンデル≪ユダス・マカベウス≫から「見よ、勇者は帰る」の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO.45
・チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 Op.5-2
・チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 Op.5-1
・モーツァルト《魔笛》から「娘か女か」の主題による12の変奏曲 Op.66
・チェロ・ソナタ 第4番 ハ長調 Op.102-1

※公演内容・曲目については、一部変更になる場合がございます。ご了承ください。
会    場 メインホール
料    金 S席:4,000円
A席:3,000円
学生券(26歳未満):各席種半額
※学生券は各席種半額、やまと芸術文化ホールのみ取り扱い。
※入場の際、学生証をご提示いただく場合がございます。

※未就学児の入場はご遠慮下さい。

チケット発売 2018年2月21日(水) 
友の会会員先行:2018年2月21日(水)10時~
一般発売:2018年2月24日(土)10時~
※友の会会員先行は、一般発売日の前日18時までの受付となります。
プレイガイド ■やまと芸術文化ホール チケットデスク[ネット・電話・窓口]
 詳しい購入方法はこちらをご覧ください。
■小田急トラベル旅行プラザ 大和プロス店
[アクセス]大和駅プロスビル3階 [営業時間]全日10:00~19:00
■小田急トラベル旅行プラザ 相模大野店
[アクセス]相模大野駅 相模大野ステーションスクエア内駅改札口並び
[営業時間]10:30~19:30/土・日・祝日 10:30~18:00
※小田急トラベル各営業所の支払い方法は現金のみ。※電話予約はございません。
※チケット発売開始日時は、各営業所の営業日時に準じます。
■チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999 [Pコード:109-313]
■イープラス http://eplus.jp/
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806
  • 石坂 団十郎(チェロ) Danjuro ISHIZAKA(Vc)

    日本人とドイツ人の両親を持つチェリスト石坂団十郎は、ARD ミュンヒェン国際音楽コンクール、ルトスワフスキ国際チェロコンクール、エマニュエル・フォイアマンコンクールをはじめとする数多くの国際コンクールで優勝を果たし、ヨーロッパを拠点に世界各国で演奏活動を繰り広げる。
    指揮者クリストフ•エッシェンバッハ、ロジャー•ノリントン、パーヴォ•ヤルヴィらとの共演を重ね、近年ではバイエルン放送交響楽団、ウィーン交響楽団、シンガポール交響楽団、NHK 交響楽団などとソリストとして活発な演奏活動を繰り広げる。
    2006 年のデビューCD「チェロ•ソナタ」は、ヨーロッパ版グラミー賞とも言われるドイツの音楽賞「エコー•クラシックアワード」を受賞。2012年には公益財団法人ソニー音楽財団「齋藤秀雄メモリアル基金賞」、2014年には「グラモフォン•アワード2014 」室内楽部門を受賞している。
    ベルリン芸術大学及びバーゼル音楽院で教鞭を執る多忙な日々を送る一方、ソリストとしての活動のほか室内楽の分野にも力を入れ、年間数多くの演奏会をこなす。
    演奏楽器は日本音楽財団より貸与された1730 年製ストラディバリウス「フォイアマン」。

  • 小菅 優(ピアノ) Yu KOSUGE(Pf)

    2005年カーネギー・ホールで、翌06年にはザルツブルク音楽祭でそれぞれリサイタル・デビュー。 
    ドミトリエフ、デュトワ、小澤等の指揮でベルリン響、フランクフルト放送響、シュトゥットガルト放送響等と共演。
    10年ザルツブルク音楽祭でポゴレリッチの代役としてヘレヴェッヘ指揮カメラータ・ザルツブルクと共演。13年2月服部譲二指揮ウィーン室内管と共演、同年12月ロンドン ウィグモア・ホールでリサイタル。2010年から15年にはベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会(全8回)を東京、大阪で行い各方面から絶賛を博した。
    さらに現在はソロだけでなく室内楽や歌曲伴奏を含むベートーヴェンのすべてのピアノ付き作品を徐々に取り上げる新企画「ベートーヴェン詣」に取り組んでいる。
    第13回新日鉄音楽賞、04年アメリカ・ワシントン賞、第8回ホテルオークラ音楽賞、第17回出光音楽賞を受賞。14年 第64回芸術選奨音楽部門 文部科学大臣新人賞、17年第48回サントリー音楽賞受賞。16年秋、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集完結記念ボックスセットをリリース。2017年秋より、4つの元素「水・火・風・大地」をテーマにした新リサイタル・シリーズ『Four Elements』を始動。 

    (c)Marco Borggreve

■出演者2名からメッセージが届きました!詳しくはこちらから。

■<6/11更新>出演者2名からメッセージ動画が届きました!

■小菅優さんからメッセージ動画が届きました!

こんにちは。ピアニストの小菅優です。

最近たくさんのコンサートを訪れる機会があったのですが、私が弾くときだけではなく、

聴きに行くことによって、「本当に音楽って素晴らしいな」っていう風に感じることが色々あったんですね。

というのは、その場で演奏されるライブの空間で、色んな作曲家のメッセージが直接自分の心に訴えてくる。

そういう生き生きとした瞬間というのは、ライブのコンサートの大きな魅力だと思うんです。

みなさまもそのような瞬間を、私たちのコンサートでぜひ味わっていただけたらと思います。

この度、本当に尊敬している、素晴らしいチェリストの石坂団十郎さんと演奏できることをとても楽しみにしています。

そして、ベートーヴェンの音楽は、本当に一つ一つの音が言葉のようで、私たちが対話をしているだけではなく、

私たちがお客様と一緒に対話をしているような気持ちになると思います。

この度、大和に行くのは初めてなのですが、初めて行くホールで、どんなエネルギーをみなさんに味わっていただくか、

自分たちが楽しめるか、楽しみでなりません。

ぜひ、みなさまいらしてください。