文字サイズ標準拡大

イベント詳細

  • 概要
  • プロフィール
主催事業

クリスマス・ホワイエコンサート

毎回、様々な種類の楽器をご紹介している「ホワイエコンサート」。
今回は「東京交響楽団弦楽四重奏団」による、クリスマスコンサート!
オーケストラのメンバーによって構成された高い演奏技術を持つヴァイオリン、チェロ、ヴィオラによる4人のアンサンブルをお届けいたします。
華やかなクリスマスの雰囲気をお楽しみください。
クリスマス・ホワイエコンサート
チラシ ダウンロード[PDF]
日    時 2019年1218日(水)
13時00分~13時45分(12時30分開場)
出    演 東京交響楽団 弦楽四重奏団
・・・土屋杏子(第1ヴァイオリン)、鈴木浩司(第2ヴァイオリン)、多井千洋(ヴィオラ)、蟹江慶行(チェロ)
曲    目 ・モーツァルト:ディヴェルティメント K.136より 第1楽章
・エルガー:愛の挨拶
・ヴィヴァルディ:「四季」より ”冬”
・もろびとこぞりて
・赤鼻のトナカイ
・おめでとうクリスマス
・ホワイトクリスマス
・クリスマスソングメドレー(きよしこの夜、ジングルベル、そりすべり)
※曲目・演奏順は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
会    場 メインホール ホワイエ
料    金 無料(事前申込不要)
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806
注 意 事 項 ※公演内容・出演者は変更になる場合がございます。
※お席には限りがございます。満席の場合、お立ち見でのご案内となります。予めご了承ください。
  • 土屋杏子(第1ヴァイオリン)

    東京藝術大学音楽学部を経て同大学院修了。第48回鎌倉市学生音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、第10回大阪国際音楽コンクール アンサンブル部門第1位、併せて審査委員長賞受賞。ドイツにてポーランド室内フィルハーモニー管弦楽団との共演や小澤国際室内楽アカデミー奥志賀への参加、藝大室内楽定期演奏会への出演やライプツィヒ・クァルテット、ゲヴァントハウス四重奏団の公開レッスン受講など、ソロ、室内楽奏者としても積極的に活動している。藝大同期生による弦楽アンサンブル「TGS」メンバー。これまでにヴァイオリンを前澤均、神代恭子、玉井菜採、松原勝也の各氏に、室内楽を山崎伸子、花崎淳生、松原勝也、市坪俊彦、川崎和憲の各氏に師事。

    (C)N.Ikegami
  • 鈴木浩司(第2ヴァイオリン)

    愛知県立芸術大学卒業。2008年神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団、2012年から2016年まで同楽団のフォアシュピーラーを務める。2007年JTアートホールアフィニス主催「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」に出演。2011年アジアフィルハーモニー管弦楽団の韓国、日本、中国公演に参加。2012年「みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.37」に出演。アフィニス夏の音楽祭に2014、2015年と参加。また、弦楽アンサンブル「石田組」の公演に多数出演など、精力的に幅広く演奏活動に取り組んでいる。これまでに、篠崎永育、篠崎美樹、故山本由香子、大谷康子、服部芳子、Ewald Danelの各氏に師事。

    (C)N.Ikegami
  • 多井千洋(ヴィオラ)

    愛知県立芸術大学、東京藝術大学大学院、京都市交響楽団を経て、東京交響楽団に入団。これまでにヴァイオリンを杉山笙子、故東儀幸に、ヴィオラを竹内晴夫、クロード・ルローン、百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。2010年ヴィオラスペース名古屋公演にて、今井信子氏と室内楽で共演。第21回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門1位。オーケストラのみならずソロ、室内楽においてバロックから新作初演まで、幅広く活動している。ネクスト・マッシュルーム・プロモーションメンバー。

    (C)N.Ikegami
  • 蟹江慶行(チェロ)

    菊里高等学校音楽科、東京芸術大学音楽学部器楽科を卒業し現在同大学院3年に在学。第21回クラシック音楽コンクール弦楽器部門高校の部第2位。第68回全日本学生音楽コンクール第2位。宗次弦楽四重奏コンクールにて第3位、及びハイドン賞受賞(課題曲賞)。
    第8回秋吉台コンクール弦楽四重奏部門第1位受賞。ぎふ・リスト音楽院アカデミー、霧島国際音楽祭、秋吉台ミュージック・セミナーに参加。これまでに、O.ドルガーヤ、林良一、高木俊彰、山崎伸子、中木健二に師事。

    (C)N.Ikegami