文字サイズ標準拡大

イベント詳細

  • 概要
  • プロフィール
主催事業

【予定枚数終了】
※振替公演※
米良美一講演会&ミニコンサート
波乱万丈物語 ~未来へ向けて

本公演は延期となりました2020年2月29日「米良美一講演会&ミニコンサート」の振替公演として開催をいたします。

宮崎駿監督作品「もののけ姫」の主題歌で一世を風靡した
カウンターテナー歌手の米良美一がシリウスで講演会を開催!




【予定枚数終了】※振替公演※米良美一講演会&ミニコンサート波乱万丈物語 ~未来へ向けて
チラシ ダウンロード[PDF]
日    時 2021年214日(日)
14時00分 開場/15時00分 開演
※入場の際の確認対応や混雑を避けるため、開演の1時間前から開場いたします。(12月1日現在)
出    演 米良美一(お話・カウンターテナー)
栗原正和(ピアノ)
内    容 奇跡の歌声を持つカウンターテナー歌手の米良美一。その類まれな美声と音楽性、そして親しみやすい人柄で様々な世代で人気を集めています。歌手活動だけでなく、全国各地で講演会を行い、人々に感動と勇気を与えています。今回は、米良自身がこれまでの人生から得た内容をもとに語る、健康と芸術文化に関する講演会とミニコンサートです。この貴重な機会に是非ご参加ください。
ミニ懇親会【中止】 当初予定しておりましたミニ懇親会は、新型コロナ感染拡大防止のため、中止いたします。
参加予定者には別途ご連絡をいたします。
※重要※【ご来場者のお客様へ】 ※2/29のチケットをお持ちの方は、2/29のチケットでご入場いただき、同じ席でご鑑賞いただきます。
※本公演は全ての座席の販売をいたしますので、お隣にお座りになるお客様がいらっしゃいます。予めご了承くださいませ。
※新型コロナウイルス感染防止対策として、検温、消毒、換気などをいたします。
※入場時、チェックリストのご提出をお願いいたします。
※マスクを着用してのご来場、ご鑑賞をお願いいたします。
※場内、ロビーなどでの会話、また客席内での声援や歌唱はお控えください。
※今後の感染状況によっては、公演内容に変更が生じる場合がございます。
会    場 サブホール
料    金 2,000円(全席指定・税込)

※未就学児の入場はご遠慮下さい。

チケット発売 2020年12月16日(水) 
友の会会員先行:2020年12月16日(水)10時~
一般発売:2020年12月19日(土)10時~
※友の会会員先行は、一般発売日の前日18時までの受付となります。
※一般発売日初日の窓口販売はいたしません。インターネット・電話のみの取り扱いです。
※当初予定していた2019年2月29日の払い戻しされたチケットの再販売です。座整数には限りがございます。予めご了承ください。

※一般発売日の翌日以降、残席があ
プレイガイド ■やまと芸術文化ホール チケットデスク[ネット・電話・窓口]
 詳しい購入方法はこちらをご覧ください。
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806
注 意 事 項 ※公演中止を除く、予約後のチケットの変更・取消、ならびに購入後のチケットの変更・払い戻しはできません。
※止むを得ない事情により一部内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。
※車椅子での鑑賞をご希望の場合は、予約の際にお問合せください。
  • 米良美一(お話・カウンターテナー)

    米良美一は1997年映画「もののけ姫」の主題歌を歌い、現在においても幅広い年齢層から支持を得て不動の人気を博している。
    1994年洗足学園音楽大学を首席で卒業。第8回古楽コンクール最高位(1位なし2位)受賞。同年10月、バッハ・コレギウム・ジャパン定期公演の教会カンタータでデビュー。1995年第6回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。1996年よりオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽院に留学。コンサートでは、国内外のオーケストラとの共演やソロ・リサイタルに加え、ソプラノのエディタ・グルベローヴァやカウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキーなどの世界的名歌手とヨーロッパ各地及び日本でデュオ・コンサートを行い大喝采を浴びた。またスペインのオヴィエド市音楽祭ではペルゴレージの「スターバト・マーテル」をオヴィエド市交響楽団と共演、さらにドイツの「シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭」に招待されリサイタルを行い大成功を収めた。その後宮本亜門演出「音楽劇・三文オペラ」に舞台初出演を果たしている。最近では、NHK放送90年記念大河ファンタジー・ドラマ「精霊の守り人」第3シーズン(NHK総合)に出演し大きな話題を呼んだ。映画音楽の主題歌も数多く、五木寛之原作「蓮如物語」、角川映画「死国」、ハリウッド映画「終戦のエンペラー」(日本版の主題歌)や「マンゴーと赤い車椅子」がある。CMではロッテ「かりんのど飴」や「せんねん灸の奇跡」他の出演および歌唱。さらに、作曲活動としては初めてとなる全国特別支援学校の子供たちの為の応援ソング「窓をあけて」(作詞:ナーチャ/作曲:米良美一/編曲:轟千尋)を作曲した。
    CDは、キングレコードやスウェーデンのBISレーベル、アジアでは韓国のレーベルから世界各国で多数発売されている。2014年には宮川彬良作品を収めたCD「手紙」が発売され多くの聴衆を魅了している。2017年キングレコードよりCDデビュー20周年を記念したコンピレーションアルバムに新曲「無言歌」を収めた2枚組アルバム「無言歌」がリリースされた。最近ではTeddyLoidとのコラボレーションが多く、テレビアニメ「18if」主題歌集や最新アルバム『SILENT PLANET: INFINITY』には「もののけ姫2018 feat.米良美一」が収められている。
    2007年大和書房から自叙伝「天使の声~生きながら生まれ変わる」を、2011年には詩人であり作家の故石牟礼道子と「母」等多くの出版物がある。さらにこれまでの人生から得た経験をもとに、全国各地で講演会も精力的に行っている。
    2019年デビュー25周年を迎え、今までに多くの指導者から得た音楽的スキルを後進に伝えたいという思いで新たに「米良美一合唱団」を立ち上げた。
    第12回日本ゴールドディスク大賞、第21回日本アカデミー賞協会特別賞として主題歌賞をそれぞれ受賞。2018年より1年間「メラメラらじお」のパーソナリティを務めた。
    米良美一オフィシャル・ホームページhttp://yoshikazu-mera.info/
    米良美一のメラメラブログhttps://ameblo.jp/mera0521/

  • 栗原正和(ピアノ)

    東京都世田谷区出身。玉川大学工学部電子工学科卒業。株 富士通ゼネラル勤務後、ピアノ調律師を経てピアニストに転身 。 第2回日本クラシック音楽コンク ール特別賞及び安藤賞受賞。 世界の名器による音の響宴(名古屋/ザ・コンサートホール)に全国オーディ ションにより選出され出演。第3回P.I.A.Japan ピアノコンクール広岡淑生賞受賞。 山梨県芸術祭に出演。ピアノを雁部一浩氏に師事。 デビューリサイタルによるアルバム「ロマンティックピアノに魅せられて」や 2nd アルバム「 Melody 栗原正和ピアノ・リサイタル」 3rd アルバム「 SONGS 」をリリースするほか、 合唱作品(教育芸術社)や室内楽作品、声楽家のアルバムにも参加。 NHK FM 「ベスト オブクラシック」や BS プレミアム「クラシック倶楽部」など、 ラジオ、テレビに出演。 バロックから現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、リサイタルなど、ソロ活動の他、 声楽の伴奏や室内楽においてもその才能を高く評価され、著名演奏家の信頼も厚い。 他にも打楽器を含む様々な洋、邦楽器奏者との共演や、合唱の伴奏、さらに クラシック以外のアーティストとのコラボレーションなど、多彩な活動を展開している。 また、唯一の自主企画である「ティータイム・コンサート」では、演奏曲目の解説 など、わかりやすく軽妙なトークも人 気を博し、多くのファンを獲得している。 エンジニア→調律師→ピアニストという特異なキャリアから、レクチャーコンサートや 講演なども行い、それぞれ好評を得ている。