文字サイズ標準拡大

イベント詳細

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ
主催事業

N響メンバーによる弦楽四重奏

『N響アワー』『大河ドラマ』などの演奏でおなじみのNHK交響楽団から、日本トップレベルの実力を持つ奏者たちが集結。
クラシックの名曲から親しみやすい楽曲まで、普段では聞けないトークも交え、お楽しみください。

チケット購入

N響メンバーによる弦楽四重奏
チラシ ダウンロード[PDF]

チケット購入

日    時 2022年1127日(日)
14:15 開場/15:00 開演
出    演 永峰高志(ゲスト・コンサートマスター)
船木陽子(第2ヴァイオリン)
飛澤浩人(ヴィオラ)
村井 将(チェロ)
曲    目 モーツァルト:弦楽四重奏曲 第4番 ハ長調 K.157
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 op.11より 第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」
ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調より 第3楽章「ノクターン」
クライスラー:愛の悲しみ、愛の喜び
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 op.96「アメリカ」 ※奏者による解説つき
【ご来場のお客様へ】 ※新型コロナウイルス感染防止対策として、検温、消毒、換気などをいたします。
※マスクを着用してのご来場、ご鑑賞をお願いいたします。
※場内、ロビーなどでの会話、また客席内での声援や歌唱はお控えください。
 感染予防対策へのご理解、ご協力をお願いいたします。
※今後の感染状況によっては、公演内容に変更が生じる場合がございます。
※当館で実施しているコロナ対策についてはこちら
会    場 メインホール
料    金 S席:3,500円
A席:3,000円
(全席指定・税込)

※未就学児入場不可

チケット発売 2022年7月6日(水) 

友の会会員先行:2022年7月6日(水)10時~ 
※電話、ネットにて受付。事前に友の会へのご入会をお願いします。

一般発売:2022年7月9日(土)10時~

※友の会会員先行は、一般発売日の前日18時までの受付となります。
※一般発売日初日の窓口販売はいたしません。インターネット・電話のみの取り扱いです。
※一般発売日の翌日以降、残席がある場合は窓口でも販売いたします。
注 意 事 項 ※全席を販売いたします。感染拡大の状況によっては、変更の可能性がございます。
※公演中止を除く、予約後のチケットの変更・取消、ならびに購入後のチケットの変更・払い戻しはできません。
※止むを得ない事情により曲目・出演者など一部変更になる場合がございます。ご了承ください。
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806
関連イベント 2022/10/1(土)15時開講
憧れのアーティストによる夢のレッスン
~永峰高志 ヴァイオリン・マスタークラス
  • 永峰 高志(ゲスト・コンサートマスター)

    東京藝術大学卒業後NHK交響楽団に入団。第1ヴァイオリン次席奏者、第2ヴァイオリン首席奏者として活躍する。2012年NHK交響楽団より同団への功績が認められ第32回有馬賞を授与される。15年同団を退団する。
    現在、オーケストラとの共演でソリストとして、またウォルフガング・サヴァリッシュ、ペーター・シュミードル、ヴェンツェル・フックス各氏との共演等で室内楽奏者としても活躍している。コンサートマスターとしても、新日本フィル、仙台フィル、山形交響楽団、N響メンバーによる室内合奏団等に客演し高い評価と信頼を得ている。
    近年はシュトゥットガルト室内管弦楽団、仙台フィル、アンサンブル神戸、N響メンバーによる室内合奏団、オンディーヌ室内管弦楽団、静岡フィル等の指揮をし、指揮者としても活動の場を広げている。仙台フィル&小曽根真氏との共演で演奏されたガーシュイン作曲「ラプソディー・イン・ブルー」、シュトゥットガルト室内管弦楽団との芥川也寸志作曲「弦楽のための三楽章」の演奏は非常に高い評価を得た。
    また、国立音楽大学教授、洗足学園音楽大学客員教授、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にも当たり、その指導はヴァイオリン奏法だけにとどまらず、オーケストラスタディ、オーケストラ奏法にまで及び、門下からはミュンヘンフィル、フランクフルト放送響、NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルをはじめ国内外のオーケストラのオーディションに数多くの合格者を輩出している。
    10年より岩手県久慈市文化会館(アンバーホール)の芸術監督を務め、数々の公演をプロデュースし成功を収めている。
    20年7月、マイスター・ミュージックより新録音「ロマンス」をハイレゾ配信、CD、アナログレコードの3種類のメディアで同時リリースし、新聞、音楽誌、オーディオ誌など数多く取り上げられ注目を集める。
    使用楽器は国立音楽大学から貸与されているストラディバリウス1723年製「ヨアヒム」。

  • 船木 陽子(第2ヴァイオリン)

    全日本学生音楽コンクール中学の部第3位、桐朋学園大学および研究科卒業。在学中にアスペン音楽祭また、桐朋学園オーケストラのメンバーとして、カーネギーホール、エヴィアン音楽祭などに出演。1992 年~95 年、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の首席奏者を務める。97 年、チョン・ミョンフン率いるアジア・フィルのメンバーとして東京、ソウル公演に出演。2000年にNHK 交響楽団に入団。千葉大オーケストラなどアマチュア・オーケストラのトレーナーとして後進の指導にもあたっている。

  • 飛澤 浩人(ヴィオラ)

    桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て同大学音楽学部卒業。卒業後、ヴィオラ奏者の店村眞積の薦めによりヴィオラに転向。1990年、第101回神奈川県立音楽堂推薦演奏会で第3回新人賞受賞。同年よりサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして公演に参加。92年、フランスの第4回モーリス・ヴュー国際ヴィオラコンクール第2位(1位なし)。95年、文化庁在外芸術家研修員としてパリに留学。97年、パリ・エコール・ノルマル音楽院でコンサート・ディプロムを満場一致で取得。フランス国立ペイ・ドゥ・ラ・ ロワール管弦楽団にヴィオラ第2ソリストとして入団。帰国後、2006年にNHK交響楽団入団。これまでにヴィオラを店村眞積、ジェラール・コセの両氏に師事。秋桜Strings Quartetのメンバー。

  • 村井 将(チェロ)

    東京藝術大学を卒業。在学中に第56 回日本音楽コンクール第2 位入賞、学内において野村賞受賞。第 1 回日本室内楽コンクールデュオ部門入選。1992~97 年神戸市室内合奏団首席奏者、97 年~新星日本交響楽団首席、2000~03 年は合併のため東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者を務めた。これまでにチェロを塚原みどり、井上頼豊、堀江泰、レーヌ・フラショー、堀了介の各氏に師事。05 年、NHK交響楽団入団。ヴェルテックスムーゼのメンバー。

●ご出演される永峰高志(元N響第2ヴァイオリン首席奏者) にインタビューを行いました。

永峰高志_インタビュー・フルバージョン.pdf (661KB)

―― 今回の曲は、弦楽四重奏のダイナミックさ、美しさ、そして4人の奏者のやりとりの面白さが存分に味わえるプログラムかと思います。
どのような考えで選曲されましたか?

 プログラムを組むときは最初にメインの曲を考えるのですが、今回はよく知られている曲を解説つきで演奏しようと思って、
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」を選びました。チェコの作曲家ドヴォルザークの音楽は民族色豊か。
また、ドヴォルザークは鉄道マニアで、鉄道のリズムも登場するんですよ。そんなことを、実際に音を出しながら15分くらいかけて解説します。
解説のあとに演奏を聴くと「あ、そんなふうに言っていたな」とか「あ、このメロディはそうだったんだね」ときっと思っていただけるはず。
解説をお聞きいただくことで、曲のことが分かって、より親しみを感じていただけると思います。

――プログラムの1曲目はモーツァルトですね。

 モーツァルトが16歳のときにミラノで書いた曲です。大天才の少年時代の音楽を聞いていただきたく1曲目にしました。
あまり演奏されない曲ですが、僕はこの曲が好きで、20代の頃からずっと弾いて
います。第2楽章は短調なのですが、
人生を知り尽くしたような音楽で、とても16歳とは思えません。
本当に早熟なんですね。
モーツァルトの天才ぶりがよく表れているなあと思いながら弾いています。若いモ
ーツァルトがのびのびと書いた曲なので、
みなさんに親しんでいただけたらと思っています。

 そのほかの曲はメロディが有名な曲を選びました。チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」は弦楽四重奏曲第1番の
2楽章ですが、この美しいメロディ、実はウクライナ民謡なんですよね。
つまりメロ
ディは元々あったもので、それをチャイコフスキーがオーケストレーション、楽器の振り分けをしているのです。
そのアレンジが素晴らしい。伴奏が本当に美しくて天才的です。しかも弱音器をつけて演奏するのが特徴的なので、
独特の優しい響きも楽しんでください。

 クライスラーの「愛の悲しみ」「愛の喜び」は本来はヴァイオリン小品の曲ですが、弦楽四重奏用に編曲した版で演奏します。
ボロディンの弦楽四重奏曲第2番の第3楽章「ノクターン」もメロディが美しい
曲なので、楽しくお聴きいただけると思います。

――N響のみなさんはこれらの作曲家の交響曲を普段演奏なさっていますが、交響曲と弦楽四重奏曲とで作曲家の筆の違いはあるのでしょうか?

 あると思いますよ。交響曲は「私の作品はこうです」と世の中に示すためのカタログみたいなもの。
でも、
弦楽四重奏は作曲家が自分自身のために書いた音楽だと僕は思っています。今回は演奏しませんがベートーヴェンは特に力を入れたジャンルですね。弦楽四重奏曲は作曲家の本質が最も込められた作品だと思います。オーケストラと違い、弦楽器だけという1種類の色で
あらゆる色彩感を表現するのです
から、作曲家はすごいですよね。

―― ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」は、交響曲第9番「新世界より」と同時期にアメリカで作曲されましたが、
「新世界より」に負けないほど多彩な響きがしますね。

 そうですね。そして「アメリカ」でドヴォルザークはネイティブアメリカンの音楽のリズムを使ったと言われていますが、
僕は以前に南米音楽を弾いたとき、ドヴォルザークのリズムや節が南米の音楽と同じだと感じ
ました。
「アメリカ」のリズムは、サンバのリズムなのではないかと。

―― サンバですか! それは驚きです。

 もちろんそんなことは教科書にも載っていないし、検証したわけでもないですが、そう感じたのですよ。
ドヴォルザークは弦楽四重奏曲で冒険したのかもしれませんね。そんなことも解説でお話しできたらと思っています。

―― みなさんはN響で演奏するオーケストラ・プレイヤーでいらっしゃいますが、オーケストラで弾くときと弦楽四重奏で弾くときとで心構えは違いますか?

 いや、大きく言えば同じですね。100人で演奏するオーケストラも、弦楽四重奏と同じようにアンサンブルをやるのですから。
そしてN響のメンバーは室内楽が好きで、普段オーケストラで弾きながらも、それ
ぞれで弦楽四重奏をやっているんですよ。
それがN響の強みです。弦楽四重奏のやり方をよくわかって
いるから、アンサンブルを本当に大事にしているから、
オーケストラでも素晴らしいアンサンブルになるんで
すよ。

―― 弦楽四重奏は4人という少数精鋭のアンサンブルです。4人はそれぞれどんな役割をしているのでしょう。

 このことも当日の解説の中で分かりやすくお話しようと思っています。4人の役割は全然違うのですよ。
家に例えると、チェロは土台、ヴィオラと第2ヴァイオリンは柱や梁、第1ヴァイオリンは壁紙やインテリアといった外から見える部分を担います。
こうやって4人がそれぞれの役目を果たすことで、家として成り立
つ、つまり作品としてお聴きいただけるのです。
演奏をご覧いただくと、4人それぞれの役割がきっとお分
かりいただけると思います。やはり第1ヴァイオリンが弾く"外の部分"、
メロディがよく聴こえてきますが、
マニアの方は内声(ヴィオラと第2ヴァイオリン)が弾く"刻み"とか和音という"支え"を聴いて楽しでくださっています。
そんな役割を担った4人でやりとりしながら演奏しますが、音楽は進んでいますので、常
に先を読んで瞬時のやりとりをします。
サッカーでいったらアイコンタクトでパスを出すみたいな感じです。

――ヴァイオリンは2本あっても、それぞれ役割が違うのですね。

 バレーボールに例えるなら、トスを上げるのが第2ヴァイオリンで、スパイクを打つのが第1ヴァイオリン。
跳び箱ならば、跳ぶ人は第1ヴァイオリンで、踏切板を出すのが第2ヴァイオリンです。
いいタイミングで踏切板を出してくれればうまく跳べるけれども、変なタイミングだと跳び箱にぶつかってしまう。
だから第2
ヴァイオリンはすごく難しいんですよ。

――オーケストラでは味わえない、弦楽四重奏ならではの楽しさはありますか?

 オーケストラには指揮者がいますが、弦楽四重奏にはいないので、自分たちで音楽を作らなければなりません。
それが難しくもあり、楽しいですね。第1ヴァイオリンが音楽的に引っ張ってはいますが、
それぞ
れがどんな音楽にしたいか探り、自発的に演奏するのが弦楽四重奏です。
でも、探るのは「今」ではなく、「次に」何をやりたいかを探る。要するに、さきほどお話した跳び箱の踏切板ですよね。
予測して出す。
それがやっぱり面白いですね。

 音楽作りのために「弦楽四重奏団はいつも相談している」とよく言われていますが、相談の仕方は言葉ではなく、
音で8割は完了します。つまり、何もしゃべらなくても、あの人はどんなふうに表現したいのか、
演奏しながらお互い分かるんですよ。
ちょっとした動きでも、お互いが分かって、音色も瞬時に変わるん
です。

――しゃべらなくて分かる4人......となるとメンバー選びが重要かと思うのですが、弦楽四重奏はどんな人と組むのがいいのでしょうか?

 音が「寄ってくる」人がいいですね。「寄る」とは引力のようなかんじなのですが、一緒に弾いても音が「寄る」人と「寄らない」人がいるんですよ。
完璧に弾いている人でも「寄らない」人は「寄らない」んです。でもN響のメンバーはみなさん「寄る」ので、どの人と組んでも大丈夫です。

――音が「寄って」以心伝心の演奏をする今回のメンバーをご紹介ください。

 第2ヴァイオリンの船木さんは潔い演奏をする方。これは第2ヴァイオリン奏者として大事なことで、
まり潔くトスを上げてくれるので、とてもありがたいです。ヴィオラの飛澤さんは美音の持ち主。
アンサンブル
全体をよく見ていらっしゃるのは、さすがヴィオラ奏者です。チェロの村井さんは若い頃からメロディをよく歌う方でしたが、
今は土台の安定感も増し、そのおかげでアンサンブルがより充実の響きになっています。

――この4人のアンサンブルの特徴は何でしょう。

 先ほどもお話したように、音が「寄る」、つまり音が集まっていい音がするメンバーだと思います。
そして
N響のメンバーなので、やはりN響と似た音がしますね。今ヨーロッパのオーケストラはグローバル化してしまい、
国ごとのサウンドがなくなってしまいました。
同じく指揮者も、今はどんな曲もオールマイティに振るので、個性がなくなってしまった。けれどもN響では、
各国の巨匠指揮者が教えてくれた、その国ならで
はのサウンドが、現在も大切に受け継がれています。
例えば、ドヴォルザークの音楽はノイマンやコシュラ
ーが指揮しにきて、本物のチェコ音楽を教えていってくれました。
同じようにチャイコフスキーの音楽につい
てはスヴェトラーノフ、モーツァルトの音楽はサヴァリッシュやスウィトナー、ワーグナーならシュタイン、
フラン
ス音楽ならばデュトワが教えていくわけです。このとき指揮者が作り上げたドイツ、オーストリア、フランス、ロシア、チェコの本物のサウンドが、
今もN響で息づいているのです。これはワインの話に例えられるので
すが、約100年前、ヨーロッパのブドウは害虫のために絶滅してしまい、
現在はすべて接ぎ木されてい
ます。でも、絶滅前に苗木がチリへ輸出されたので、チリでは現在も原種のブドウからワインが作られていて、
だからチリ・ワインが美味しいのです。オーケストラもそれと同じかと。
 今やヨーロッパのオーケストラよ
りもN響の方が各国のサウンドの伝統を受け継ぎ、再現しているのではないかと思っています。
僕たち
日本人が西洋の音楽をやる意味を考えるのですが、これこそがそうではないかと思っています。

――今回の皆さんの演奏から、その国ならではのサウンドが聴けるのですね。

 名指揮者たちが作り上げた音が、今も耳の中、頭の中に残っているんですよ。音楽家にとってものすごい財産です。
N響メンバーのサウンドは、より本家に近いんじゃないでしょうか。これはオーケストラの
メンバーで弦楽四重奏を組む強みかもしれませんね。

――ちなみに、リハーサルと本番とで演奏が変わったりしますか?

 もちろん! だから面白いんです。別にわざわざ変える必要はないですが、本番では「もうちょっと踏み込んでみようか」というときがあったり、
その逆で「ちょっと危ないからやめておこう」というときもあったりします。
踏み込もうというとき「行くぞ!」と合図を出すと、
みんなが「OK!」という感じで応える、それがたまりませんね。

――永峰さんの楽器は、国立音楽大学から貸与されているストラディヴァリウスだそうですね。

 1723年製で、ブラームスの友人だった名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムが使っていたので「ヨアヒム」という愛称がついています。
あらゆる音色を出してくれる楽器で、そして音のスピードがとても速い。
演奏会では、ぜひストラディヴァリウスの音色も味わってください。

――11月の演奏会では、4人の音での会話、アイコンタクトでのやりとりなど、耳と目で弦楽四重奏をじっくり楽しみたいと思います。

 オーケストラでも室内楽でも、音楽家とお客様とが同じ船に乗って、音楽でいろいろなところへ航海したいという思いで演奏しています。
私たち4人と一緒に音楽の旅をして、さまざまな音楽の景色を見ま
しょう!

 (取材・執筆:音楽ライター 榊原律子)